鵠沼海岸の津波避難施設を見てきました

2012年7月23日 16時53分 | カテゴリー: 活動報告

 鵠沼海岸の湘南海岸公園の中に 津波避難タワーがオープンしたので登ってきました。普段は展望台としてタワに登ることが出来ます。夜は締まります。海抜7m位の上に海抜12.5mの建造物なので、そんなに何階も登る状況ではありません。上には太陽光発電装置や赤色灯が付いており、非常用テントも非常用箱の中に入っています。収容人数は100人位で思ったよりも狭いです。せめて倍位の大きさがほしいです。天候がよく観光客がいっぱいくる時ならばとても収容しきれない。周りを見てみると江の島は遠いし、近くの土地は国道134号線より低いので、逃げるところはない。もっとタワーが100m毎ぐらいに必要ではないでしょうか。

 また、夜は締まるようですが、夏場は夜も人がいっぱいいます。施錠してある時にはドアを破って、と書かれていますが、簡単に壊れるような扉ではありません。何故夜は施錠するのでしょうか。

 海岸が県のものだとしても、観光都市としていくならば、県ばかりに頼っているのでなく、藤沢市で出来ることがあるのではないでしょうか。(大桑)